0

ディズニーサプライズ

私は子どもたちがずっと行きたがっていたディズニーを夏休みにサプライズでプレゼントをしました。

 

旦那さんとずっと考えていたのですが、なかなかまとまった休みが長く取れる仕事ではないので今まで実現させて上げることができなかったのですが、今回は前々から準備をしていたことだったので私もとても嬉しかったです。

 

子どもたちには事前に何も言わずに飛行機に乗る朝に今から東京に行くことを伝えました。

 

 

すると、一瞬固まって何が何か全くわかっていなかったのですが、理解したのか泣き出してしまいました。

 

本人は嬉しすぎて涙が出ると行っていたので私まで泣けてきて出発する前に目が腫れてしまいました。

 

今回は念願だったディズニーのホテルにも2泊することができて十分満足の幾たびをすることができました。

 

また、家族で旅行したいです。

 

子供の喜ぶ顔を見れるのが親としては最高の喜びです。

0

ビデオデッキの登場は衝撃でした

私が小さな子供だつたころ、テレビ番組を録画することはできませんでした。

 

ですから自宅に父が買ったビデオデッキが届いたときは本当に嬉しかったと今でもよく覚えています。

 

その当時、私は塾に行っていたので塾に行っている間は好きなアニメが観られませんでした。

 

アニメを我慢してイヤイヤ塾に行っていたものでした。そんな私もビデオデッキが自宅に届いてから安心して塾に行くことができました。塾に行っている間はちゃんとビデオに予約できているか心配していましたが、家に帰って予約録画してあるアニメを観るのが本当に楽しみでした。

 

 

家庭用電化製品はいろいろとありますが、私にとってビデオデッキが自宅に届いた衝撃と嬉しさは、もしかしたら他には無いかもしれないなと思っています。

0

麻ひもでマルシェバック制作中

毎年夏になると、麻ひもでカゴバックを作りたくなるのですが、今までチャレンジした事はありませんでした。

でも、考えてるだけじゃだめだ。今年こそは作ろう。とマルシェバックを作ることにしました。

麻ひもを使うのは初めてで、あまりの編みにくさにかなり戸惑いました。麻ひもって固いんですよね。

さわり心地がガサガサって感じで、編み針を持つ手も力がかかって痛いし、麻ひもを持つ手も摩擦で赤くなってしまいました。

そしてやたら肩こりがひどい。年齢的なものがあるのか、このごろは症状がひどくなるばかりで、ちょっと困ってしまっています。

でも、前からやってみたかった事なので楽しくて仕方ないんです。

みんなが寝静まった夜中にどんどん編み進めて、もうすぐ完成間近まできました。

早く完成させて、次は色つきの麻ひもで第二段を作りたいです。

0

新宿ですごく迷いました!

今日は新宿で飲み会ということもあり、少し早めに家を出てきました。

しかし、新宿って本当に大きい駅ですよね。

最初東口に出てしまって、西口だった!と大反省。

ちょっとルミネとかも覗いてしまってそれで時間をロス。

結局10分程度遅く到着してしまい、いろいろ迷惑をかけてしまいました。

それでも、まぁ、地図があったからよかったかなって感じです。

今はバスターミナルもできたし、newmanとか商業施設もすごく気になっていたんですけどねぇ。

できることなら、今度新宿に行くときはもっと時間をとってから行こうと思います。

それと伊勢丹とかいろんな商業施設を見るための時間もとりたいなって感じです。

とにかくプライベートでもう一度行きたいなって思いました。

もともと出身が田舎なので、人ごみがたくさん集まる商業施設は毎日が祭みたいです。

0

イギリスのEU離脱の影響がでてきたか?

イギリスがEUから離脱してしまうと、経済的な悪影響が大きい、と以前から残留派は訴えていましたが、先日のEU離脱後、徐々にその経済的な悪影響がでてきているのではないかと思います。

というのも、イギリスのある旅行会社があまりにも大きなイギリス通貨であるポンドの下落を受けたことによって資金繰りが悪化してしまい、ついには倒産してしまったとか。

旅行会社という特性上、為替変動の影響を受けやすいというのはあったかも知れないですが、それでもEUから離脱することによって生じたデメリットであることには違いありません。

今回は旅行会社ということでしたが、ポンドの下落が回復しなければ、今後はEUから輸入する品物の価格は、対イギリスでみた場合は高止まりの状態になってしまいます。

となれば、まだまだマイナスの影響を受ける企業はでてくることでしょう。

0

人間ドックと東洋医学の視点。

人間ドックにいって異常なしと言われるとホッとする人がたくさんいると思いますが、実は人間ドックで異常なし、となったとしても疲労がかさみ、過労死をする場合があります。

人間ドックは基本的に西洋医学的な考えの診断ですが、東洋医学的の視点みると、西洋医学的な視点では見つけることができなかった不健康のサインを見つけることができる場合もあります。

体の表面に血管が浮き出てきてしまって、赤ら顔になっていたり、鼻の先や手が赤くなといった症状です。

赤い状態を血流がよくて、健康的なイメージがあるかも知れないですが、東洋医学的には、こうした症状は血液の流れが悪くなっている状態です。

東洋医学的にこうした状態は、不健康のサインとして察知し、対策を講じることになりますが、西洋医学的にはあまりサインとしては見られないんですね。

人間ドックで全く異常がなかったとしても、普段の健康管理としては東洋医学的な視点も取り入れてみるのがとても大事かも知れないですね。

0

イギリスのEU離脱は日本経済影響はそんなに強いものなのか?

イギリスがEUを離脱するかしないかで、日本の株式市場はだいぶ振り回されている感じがしますが、仮にイギリスがEUを離脱したとして、日本経済への影響はそんなに強いものなのでしょうか?

かなり疑問に思ったので少しリサーチしてみたのですが、イギリスがEUを離脱すると、現地に製造拠点を置いている企業はヨーロッパにおける事業にやはり影響を受けるみたいですね。

特に、イギリスからEUに製品を輸出するとなると、離脱後は関税がかかってきてしまいます。関税がかかるってことはそれだけ製品の値段が高くなるので、当然売れ行きは、イギリスがEUに残留した時よりも減少してしまいます。

また、EUからイギリスへの輸出についても同じことが言えます。

さらに、為替の変動についても影響を受けることでしょう。

ただ、これらの影響を考えたとしても、日本経済への影響をは限定的なのではないかと思うんですね。

ヨーロッパをメインの事業拠点としているところは確かに大打撃を受けるかも知れないですが、そうでなければ、全体としては、それほど大きい影響ではない、と言えるのではないでしょうか?

0

生姜が体を温めてくれる

生姜は、液、唾液の分泌をよくし、消化をよくします。さらに食中毒菌も殺します。 

江戸時代に確立された日本の寿司。当時は冷蔵庫などないので、ネタはいつ腐ってもおかしくなく、すぐ食中毒を起こす危険性がありました。

ただ、寿司屋さんは頭がよかったのでしょう。お茶とガリ(生姜の甘酢漬け)を寿司を食べるときに皆にすすめたのです。

お茶とガリには殺菌作用があるからです。 

このように、生姜にはいろいろな効能があります。

最大の効能が「体を温める作用」です。日本人の体温が下がってきている今、この効能がさまざまな体調不良の改善に役に立つのです。 

生姜紅茶は紅茶でつくります。同じお茶でも、紅茶は緑茶とどう違うのでしょうか。英語では紅茶のことを「ブラックティー」といいます。緑茶は「グリーンティー」です。

漢方では、「青・白・緑」色の食べものは体を冷やし、逆に「赤・黒・橙」色の食べものは体を温めると考えます。 

ヨーロッパ人は緑茶を習慣的に飲みません。なぜなら、向こうは寒いからです。緑茶を発酵させて紅茶にすると、色が赤くなる。

これによって「体を温める作用」が出てきます。だから、寒いところで暮らすヨーロッパの人々は紅茶を飲み、それによって体を温めるのです。その紅茶に生姜を入れると、体が温まる効果は何倍にもなるのです。

0

自律神経をケアしよう!

心臓がドキドキしたり、逆に、脈拍が遅くなって血圧が下がったり。食欲が増したり、食欲がなくなったり。

便秘したり、下痢したり。汗が急に出たり、過呼吸になったりしやすいのです。 

こういうことが起こったときには、どうしたらいいでしょうか。 

「何だかダルい」というときは、副交感神経優位になっていて、交感神経があまりはたらいていない状態です。

対策としては歩くなど、軽い運動をしたり、熱めのお風呂に入って、交感神経を刺激すればいい。 

逆にドキドキ、イライラの交感神経が緊張状態のときは、少しぬるめのお風呂にゆっくり入るとか、音楽を聴いたり、自分の好きなことや趣味に取り組む。

こういうことでリラックス状態をつくり出したらいいでしょう。 自律神経の神経細胞に必要な栄養素はビタミン類とカルシウムです。

ビタミン類はアリウム属の野菜であるネギ・ニラ・ニンニク・タマネギ・ラッキョウに入っています。

春には特にこれらを多めに摂る。小麦・胚芽にも入っているので黒パンや胚芽米をしっかり摂るのもいいでしょう。 

カルシウムは小魚やエビ・イカ・タコ・カイ・カキなどの魚介類、黒砂糖、海草類、チーズ、また、自然塩にも入っています。 

季節の変わり目で気分が落ち込んだり、精神的に落ち着かないときには、生姜とシソの葉が入った半夏厚朴湯という漢方薬が効果的。

漢方では生姜とシソの葉が昔から「気を開く」「抑うつ状態をとる」といわれています。 

生姜やシソの葉を摂ることは春先の精神的な不調には効果的です。 

生姜紅茶や、シソの葉を入れた味噌汁、シソの葉の天ぷらもいいでしょう。

梅干しでもシソの葉をいっしょに摂ることができます。 

春は季節の変わり目とともに体調の変わり目であることから、さまざまな不調が起こりやすい時期。

このことを頭に入れて、何か症状が起こっても「春のひとつの現象だ」ぐらいに気楽にとらえるのも大切なことです。

0

事務所はキレイにされていますか?

会社員は1日の三分の一以上を事務所で過ごさざるを得ないのだから、その事務所を心地よいものにしておくかどうかは、毎日の効率に大きな影響を及ぼすことになる。

しかし、実際のビジネスマンの事務室は散らかった状態が多いのではないだろうか? 個々に個室が与えられてなかったら、自分自身の机の上とそのまわりだけでも整理しておくことですが、もし個室を与えられているのであったら、大きな費用をかけることなく、整理しておく事ができる。   

まずは不用品を除去しよう。ゆったりした能率的な感じは、事務所の大きさによってではなく、事務所の調和をこわすものを除去することによって得られる。  

次に 従来の習わしに縛られないで、自分自身の希望にピッタリ合わせ、調度品の配置を変えてみる。  

最後に ライトを良化する。というようなことをするだけであっても、部屋の中の快適度は大きく好転するだろう。

ちょっとした事かも知れないですが、これらの環境改善は日々の業務の効率を大きく飛躍させることになるんです。

1 2 3 9