0

たるみ予防は20代から始めるのがベスト。

30代にもなれば肌はだんだんとたるみがでてきてしまうものです。20代の時に全くの無縁だったたるみも年齢とともにだんだんとでてきます。

いざたるみがでてきてから対策をするよりも、当然できる限りの予防策をとっておく方がたるみは防ぎやすくなります。

そもそもたるみというのは、シワと同じように、皮膚の弾力を担っている真皮のエラスチンやコラーゲンがだんだんと変形したり少なくなってくる事ででてきます。

20代の間はまだこうしたエラスチンやコラーゲンは肌の弾力を保つために、元気な状態ですが、30代になるとその弾力もだんだんと衰えてきてしまいます。

加齢によるたるみは、肌の真皮の繊維が大きく関係しています。真皮の70%を占めると言われているコラーゲンはゴムのような弾力がある繊維ですが、この繊維は細胞ではありません。

表皮細胞のように肌の新陳代謝であるターンオーバーで生まれ変わることがないので、加齢によって古くなってしまうんですね。

加齢によるものを止めることはなかなかできないものです。だからこそ若い間から、できるだけそれを遅らせる努力が必要になってきます。

0

脂性肌は皮脂の分泌が盛んな状態

脂性肌は皮脂の分泌が本来であれば必要な量を超えて分泌されている状態の肌質のことを言います。肌がテカリやすく、毛穴も目立ちやすくなり、赤ニキビもできやすい状態dえす。

脂性肌になる理由は、体質というのももちろんありますが、正しいスキンケアをできていない、生活習慣が乱れているなどが原因でなることもあります。

脂っぽい肌を何とかしたいと思って、洗顔を1日の間に何度もする、テカルから保湿ケアをしない、といったケアをしている乾燥した肌を潤わすために、逆に皮脂の分泌を増やそうとします。

皮脂は皮脂線が分泌されたあとは、毛包壁と呼ばれる部分から肌の外にでて、その後は汗と混じり合うことで皮脂膜を作り出します。

皮脂膜は、聞いたことがある人も多いと思いますが、天然の保湿クリームと言われています。

肌表面を包み込み、紫外線や汚れから肌を守ってくれます。

それと同時に、肌の水分をキープし、潤いを保ってくれます。

皮脂の分泌は男性ホルモンがつかさどっています。思春期には、男女とも男性ホルモンの分泌が増えて皮脂が過剰に分泌されるケースが多くなります。

思春期ニキビができる原因は、こうした過剰な皮脂の分泌ですが、そのさらに原因を考えれば、男性ホルモンが盛んになっているから、という事がいえます。