0

恐怖心をやわらげるイケメン効果に拍手!

数ヵ月前、生まれて初めての入院&手術をしました。

良性腫瘍の摘出なので、主治医から「心配しなくていいですよ」と言われたのですが、私は不安で押しつぶされそうでした。

そんななか、主治医が代わってなんと、癒し系のかっこいい先生に!不安と恐怖がずいぶんと減ることに。

ところが手術当日思わぬハプニングが。病室で主人を待っている間に下剤が効いてきて、私は病室にあるトイレへ。

そのとき病室の扉がガラッと開いた音がしたので、トイレのなかから「トイレよトイレ」と叫びました。

急いでトイレからでると、病室には誰もいません。廊下に出てみると、別の病室の前にイケメン先生が、そう手術前の回診時間だったのです。

もう、恥ずかしくてしかたがありません。手術中ハプニングもなく終わって、無事に退院することができました。いろいろありましたがイケメン先生をはじめ病院の皆さま、心配してくれた家族、ありがとうごさいました。

0

大半のB級ネット記事はメモの寄せ集めである

カレンダーや印刷済みの書類を何等分かにして裏紙をメモにして活用している。

 
が、このメモ用紙、あろうことかほとんど使わない。

 

ほどよく消費できればいいのだが、電車などでの重要な伝達や簡易スケジュールなどをメモしておくためたまに使う程度で、1枚使っては5枚増えていくような感覚で日々溜まってゆく一方なので始末に困る。

 

出先ではバッテリーが切れない限りはスマホのメモ帳で事足りてしまうし、そうなるとほとんど使い道がない。

 

ライターという職業柄、思い浮かんだ一文があれば大体はその日のうちにパソコンを開いて直接入力してしまう場合がほとんどだ。

 
ネット記事となると、ほとんどの場合はそんな感じだ。

 

よほど大事なこと以外は、二度手間になるのでメモ自体を使わないことも多い。

 
それに、備忘録として残しておけるのは文面までで、画像や映像までは実態として手元に残しておくことはできない。

 
思い浮かんだらメモばかり書き綴るのではなく、そのまま文章として、申し訳程度にいっしょに何枚かの画像を付けてネット記事として公開し、日単位でそれなりにくりかえし見聞できるようなコンテンツにしてしまう。

 

それがウェブライターという職業だ。

0

プラス思考でいこ

外は寒くて出かける気分も起こらない。
家でTVでも見てゆっくりしていたいのだが、そうもいかない。

 

プラス思考で、勉強するにはいい時期だと考えることにしよう!

【特集】専門家コラム 子育てを「プラス思考」でとらえよう|妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

試験が迫っているから、暇があれば机に座っている日々。

 

友達と出かけたいのもやまやまですが、試験勉強でそんな暇がないのが今の状況だ。

 

年に一回の試験で、この一年を棒に振る気はない。

 
誘惑を断って、集中したいところだ、幸いにも、ここ最近は日も短くなり外はすぐに暗くなり、静かで好きな時期でもある。

 

辛い、遊びたい気持ちを抑えて、勉強するのは学生の頃以来で緊張している日々。

 

寒いので、ちょっと布団の中にもぐりこんで休憩するとそのまま居眠りしてしまうのでできない。

 

もう少しの辛抱と思い、机に座って頑張ってます。

 

試験が終わってから、これをしよう、あれをしようと楽しいことを考えてこの頃を過ごしています。

 

そうでもしないと、心が折れそうで。

 

もうひと頑張りしま~す!

0

魚をこれからも好きでいてもらうために。成長にはアスミール。

子どもが健康に育ってもらうためにはちゃんと魚も食べてほしいですよね。

 
うちの子たちは今のところ魚は大好き!!

 
ちゃんと食べるたびに、「お魚は食べると頭がよくなるんだよ~」と話しています。

 

ただ、1つできるともっともっとと欲が出るのが親というものなのか、今度は自分で魚を上手に食べてほしいと思ってしまったんです。

 
今は魚は食べるけど、親が骨を取り除いて、身だけを子どもに渡しているんですよね。

 
もしくは骨がもともととってある魚を使ってみたり。

 

 

ということで、この前骨付きの魚をそのまま食卓に出してみたんです。

 

案の定、骨が上手に取れず、しかも食べてみたら骨が残っていて口に骨が入ってしまったり、いつもの半分も食べてくれませんでした。

 

すると、ちょうどタイムリーにテレビで同じような相談をしている人がいたんです。

 

その回答は目からうろこでした。

 

子どもに無理に上手に食べさせようとせず、大人が骨を取ってあげればいいよ、というもの。

 

せっかく魚が好きなんだからそれを続けていけばいいみたいです。

 

そして魚が好きなら、大人になってからでも魚の隅々まで食べたくて、嫌でもきれいに食べるようになりますよ、と。

 

なるほど~。

 
うちの子たちもありがたいことに魚を好きでいてくれるので、これからもおいしく食べやすい魚をたくさん食べさせようと思います。

 

ただ、うちでは栄養バランスについては一応勉強はしているつもりですが、どうもいまいちうまくできている気がしないので、アスミールという子供の成長期用のドリンクを購入して飲ませてあげることにしています。

 

ココア味で美味しそうに飲んでくれています。

 

子供の身長が伸びてちゃんと成長していってくれるためには、カルシウムだけではなくて、他の栄養素、特にたんぱく質がとても大事ですからね。身長が伸びるメカニズムとは?アスミールにコラーゲンが含まれている理由。

 

0

スペイン語学校のコースの体験談。

週に2回、スペイン語の語学学校に通っています。

 
1コース3ヶ月で、今回が3回目のコース。

 
だんだんレベルが上がってきて、ついていくのに必死です。

 

最近は宿題のレベルも上がってきました。

 
以前は授業中に配られるプリントを解いてきて、みんなで答え合わせをするというものでした。

 
しかし、最近は語彙力を身につけるためにスペイン語で書かれている新聞の記事を1つ選んで読んだものを要約してみんなの前で発表するという宿題が毎週でます。

 

 

要約自体は4.5行にまとめればいいのでそんなに難しくないのですが、記事を読むのに知らない単語が多すぎで短めの記事でも1時間ほどかかってしまいます。

 

日本人のクラスメイトはひーひー言っていますが、フランス人やブラジル人のクラスメイトは特に何も思っていないよう。

 

日本語に比べると、フランス語やポルトガル語はスペイン語に近いからスペイン語を勉強することはあまり難しくないと言っていました。

 

羨ましい!

 

今回のコースもあと5回ほどで終わるので、最後まで頑張ります。

0

イメージや思い込みの怖さ、楽しさ

先日、国宝に関するテレビを見ていて色々な国宝を紹介するのを目を輝かせながら見ていました。

 
数多くある建造物や芸術作品の中で国宝に指定されているものは僅か800余りなので、どれも貴重なものです。

 
映像や写真で目にした物もあれば、お城ですと実際に現地に足を運んで自分の目で見た物もあります。

 
その国宝の中の1つの金印について驚いたことがあります。四角の一辺の大きさが僅か2㎝少ししかないという事を知り、え?僅かそんなものなのかと。

 

写真でしか見た事がないので勝手にイメージしていただけなのですが、5㎝ぐらいはあるかと思っていました。

 
2㎝ほどだと本当に小さいものですのでもし目の前で見たら、その小ささにもっと驚くと思います。

 
知らない事や物に関してはついイメージしたり思い込んだりしてしまう事があります。

 
それが楽しい場合もあります。例えばこれから計画を立てているまだ行った事がない観光地はどんな所だろうと想像するのは楽しいですし。

 
しかしもちろんそれは自分勝手な推測なので、本当の事を知った時にはイメージとのずれに驚いてしまう事もあります。

 
自分の中で処理できる問題ならいいのですが、よく知らない事を勝手なイメージや思い込みを人に教える事で迷惑を掛けないように気を付けなければと思いました。

 

それと、国宝に関して少し興味が沸いたのでちょっと調べ物をしてみると、やっぱり京都には多いみたいですね。古都だけあって。京都国立博物館 | Kyoto National Museum

0

子連れでパン屋に行ってみました。

近所に少し値段はお高いけれど美味しいパン屋さんがあります。子供が産まれてから行っていないのでもう4年は食べていません。
上の子が幼稚園に行っている間、下の2歳の子供1人だけならなんとかなるだろうと考え、思い切って行ってみることにしました。

 

 
お店に近づいただけでとても香ばしいいい匂いがします。入店すると狭い店内に所狭しとパンが並んでいます。娘から手も目も離す訳には行かないので、トングで挟んで選び取るのは諦めました。美味しそうなパンを横目に食パンと袋に入ったラスクを購入しました。

 

 

娘にとっては初体験のはずだし、パンは大好物なのですが、思ったより大人しくしてくれていて良かったです。
フランス式だかなんだかケーキの様にガラスケースにパンが入っているお店も時々ありますよね。あの方が衛生的だし子連れには嬉しいシステムです。近所にも子連れで立ち寄れるようなパン屋さんが欲しいです。