0

たるみ予防は20代から始めるのがベスト。

30代にもなれば肌はだんだんとたるみがでてきてしまうものです。20代の時に全くの無縁だったたるみも年齢とともにだんだんとでてきます。

いざたるみがでてきてから対策をするよりも、当然できる限りの予防策をとっておく方がたるみは防ぎやすくなります。

そもそもたるみというのは、シワと同じように、皮膚の弾力を担っている真皮のエラスチンやコラーゲンがだんだんと変形したり少なくなってくる事ででてきます。

20代の間はまだこうしたエラスチンやコラーゲンは肌の弾力を保つために、元気な状態ですが、30代になるとその弾力もだんだんと衰えてきてしまいます。

加齢によるたるみは、肌の真皮の繊維が大きく関係しています。真皮の70%を占めると言われているコラーゲンはゴムのような弾力がある繊維ですが、この繊維は細胞ではありません。

表皮細胞のように肌の新陳代謝であるターンオーバーで生まれ変わることがないので、加齢によって古くなってしまうんですね。

加齢によるものを止めることはなかなかできないものです。だからこそ若い間から、できるだけそれを遅らせる努力が必要になってきます。

0

脂性肌は皮脂の分泌が盛んな状態

脂性肌は皮脂の分泌が本来であれば必要な量を超えて分泌されている状態の肌質のことを言います。肌がテカリやすく、毛穴も目立ちやすくなり、赤ニキビもできやすい状態dえす。

脂性肌になる理由は、体質というのももちろんありますが、正しいスキンケアをできていない、生活習慣が乱れているなどが原因でなることもあります。

脂っぽい肌を何とかしたいと思って、洗顔を1日の間に何度もする、テカルから保湿ケアをしない、といったケアをしている乾燥した肌を潤わすために、逆に皮脂の分泌を増やそうとします。

皮脂は皮脂線が分泌されたあとは、毛包壁と呼ばれる部分から肌の外にでて、その後は汗と混じり合うことで皮脂膜を作り出します。

皮脂膜は、聞いたことがある人も多いと思いますが、天然の保湿クリームと言われています。

肌表面を包み込み、紫外線や汚れから肌を守ってくれます。

それと同時に、肌の水分をキープし、潤いを保ってくれます。

皮脂の分泌は男性ホルモンがつかさどっています。思春期には、男女とも男性ホルモンの分泌が増えて皮脂が過剰に分泌されるケースが多くなります。

思春期ニキビができる原因は、こうした過剰な皮脂の分泌ですが、そのさらに原因を考えれば、男性ホルモンが盛んになっているから、という事がいえます。

0

スキンケアと成分について。理解を深めれば・・・

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった化粧品のパッケージによく見かける成分はもともとは誰の肌にも存在するものです。

これらの成分にはいったいどんな役割があるのでしょうか?

日々のスキンケアに対して理解を深めるためにも大事なことですね。

コラーゲンやエラスチンは、真皮のなかで層をなしています。層をなすことで皮膚の弾力を保つ役割があります。

ヒアルロン酸や天然保湿西武のセラミドについては表皮の細胞の間にあり、これが水分を抱え込んで外部に逃げないようにしています。

つまり、肌の保湿には欠かせない成分と言えます。

良くたとえられる例でいうと、細胞をブロックとした場合、セラミドはその間を埋めていく接着剤のような存在で、その接着材が少なくなってしまうと、水分は蒸発しやすくなってしまいます。

肌が乾燥しやすく、外部からの刺激が受けやすい状態になります。

肌に含まれる成分にはいろいろとありますが、今の自分に合ったスキンケアをしようと思えば、これらの成分の役割をしることで、それができるようになりますよ。

とはいっても、保湿についてはまずすべき基本的なケアなので、シワやたるみがでてきたからといって、コラーゲンやエラスチンだけを摂取していればいい、というものでないですけどね。

0

透輝の滴と海洋深層水の美容効果

美容効果の高い成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンにセラミド。数えていけばきりがないかも知れないですが、化粧品のほとんどを占める水については実際のところあまり良く知らない人も多いのではないでしょうか?

たいていの化粧品に使われている水は、水そのものとしては純度の高いものを使い、良いものだと思いますが、水自体に栄養素があるかといえば、そこまでのこだわりはないように思います。

透輝の滴は、その点については他の化粧品と比較しても、かなり特徴的な化粧品だと思います。

沖縄県産のミネラルが豊富な海洋深層水を使うことによって、肌に必要な栄養成分を補給しようとしているからです。

透輝の滴は美容効果としては他にもシミやたるみ、小じわなどをケアしてくれる成分がたっぷりと入っていますが、それだけではなくて水自体が美容成分になっている、というのは珍しい部類に入るものだと思います。

これを作った会社のドクターリセラの城嶋杏香さんとてもじゃないですが、50代には見えません。

むしろ30代前半ぐらいに見えてしまいます。

透輝の滴は【効果なし?】スタートセットと楽天・アマゾンの通販事情

0

イチゴ鼻をケアするためにもやっぱり保湿か。

イチゴ鼻ってわりと多くの人たちが悩んでいる肌の悩みの一つだと思いますが、どんなケアをしたら黒いぼつぼつを消すことができるのだろうか?と思っている人は多いみたいですね。

そんなイチゴ鼻対策としてやるべきこと少しリサーチしてみたのですが、どうやらこのイチゴ鼻についてもスキンケアの基本である保湿が必要になるようです。

イチゴ鼻ができてしまうのは、皮脂や汚れなどが鼻の毛穴にたまりこんでしまうからですが、このうち皮脂をまずは毛穴に詰まらないようにしてあげる事が大事なことで、そのためには保湿をして、皮脂が過剰に分泌されなような状態にすることがまずは大切なんですね。

逆に、毛穴の黒いぼつぼつをとろうとするために、刺激の強い洗顔を使ったり、ゴシゴシと強くこすることはNG。

優しくケアをして、取り除いていくのがイチゴ鼻撃退のコツですね。

0

白ニキビはあつかわない方がいい。チュルンで代謝を。

白ニキビってきずいたらすごくたくさんできていたり、結構な時間きえなかったりしてどうしても扱いたくなりますよね?

でも経験上いえることは間違いなく扱わない方が必ず治るということです。

一度手でいじってしまうと必ず雑菌が入って悪化の道をたどります。

本当です!だから扱いたければお薬を塗ったりするだけにすること、自分で押し出したりするのも絶対にお勧めしません。

赤ニキビになると悪化すれば必ず跡が残ってクレータのような跡は本当にずっととれません。

ですので白ニキビの段階でイオウ成分の入った油脂をとる薬などを塗って様子をみて改善しなければとにかく扱わずに根気よく待つべきです。

いきなり白ニキビが顔からなくなればいいと扱いたい気持ちはわかりますが、絶対に後悔することになります。

扱ってしまうと小さくならずに悪化して大きくなります。

白ニキビは体調や季節によってホルモンのバランスが崩れればパッとおでこなどに広がることがありますがそのうちよくなることも多いです。洗顔のしすぎは余計肌を乾燥させてしまうのでお勧めしません。

そして、今はチュルンで肌の代謝を促すようにして、その結果肌が健康になり白ニキビができないようなタイプのケアをしているのですが、これがなかなか効果的なように感じます。

あまり、いままでは美容液や化粧水を使うときは、ただたんに保湿だけをする事が目的のものを使ってきていたのですが、これがなかなかグッドな感じです。

チュルンは敏感肌にはちょっと厳しいかも知れない化粧品ですが、私の場合は少しだけ敏感というだけだったので、あまり気になるほどの刺激は感じていません。

0

顔汗がすぐに滲んできて顔がテカる悩み

私は前から顔汗のことで悩んでいます。

顔を洗顔してすぐのときは、とてもスッキリしています。

それなのに、それから数十分経ってくるとどんどん顔汗が出てきて、顔にテカりが出てくるのです。

もともと脂性で、この影響なのかニキビも酷いものです。

本当にもう勘弁してよ…て感じなのです。

顔汗が出てくると、まず触ったときに顔がべたつくんですよね。

これって、結構不快感があります。

それにせっかくキレイにメイクしても、結局顔がテカってしまって、ギトギトした感じになります。

何度もメイク直しをして、テカりをなるべく抑えるようにしているのですが、本当に面倒で悩んでいます。

顔汗のせいで、毎回小まめなメイクの手直しが必要になって、手間がかかっています。

友達に顔汗なんて全然かかないと言う人がいて、すごく羨ましいです。

テカり知らずなキレイなお肌に憧れます。

顔汗が滲んでこない、爽やかなお肌になりたいです。

本当にすぐに顔汗が出てくる特異体質をなんとかしたいです。

そこで私は高価な制汗ジェルであるサラフェを思い切って購入する予定です。

サラフェだったら顔汗がどわっとでてきてテカってしまう事を防止することができるみたいだから。

それにある程度は即効性もあるみたいなのでそこに期待したいと思います。

0

マスカラや口紅を綺麗に落とすためには

マスカラや口紅を綺麗に落とそうと思えば、それだけ落ちが良いクレンジング剤を選びがちだと思うのですが、落ちが良いっていうのはそれだけ肌に刺激を与えてしまっていますよね。

そこで、リムーバーはどんなリムーバーを使うのが最も刺激が少なくて効率的にマスカラや口紅を落とせるかというと、それはマスカラや口紅を作っているメーカーが出してるリムーバーを使うこと。

基本的にはリムーバーというのは、そのメーカーが開発したマスカラや口紅がどれだけよく落ちるかを研究して作っているので、良いリムーバー選びにはまずはそれをチェックするというのが実は王道だったりするんですよね。

0

水分と美肌の関係

美容のためには今では水が大切というのはある意味では常識となりつつありますが、では人間は肌を綺麗に保つためにはどれぐらいの水を毎日飲んだらいいのではしょうか?

一般的には水は1日あたり2リットルは飲んだ方がいいみたいな事を言われることがありますが、これはどうやら俗説で必ずしも正しい情報とは言い難いようです。

では、どれぐらい?って思ってしまうのですが、案外常識的というか、当たり前のことで、それはのどが乾いたら飲むという程度でいいみたいですね。

その時々で、体が欲しがる水分量というのもあると思うし、これが妥当な水のとり方なんだと思います。

つまり、1日2リットル飲まないといけないというのはスキンケアの都市伝説といってもいいみたいです。

0

シミが消えていくプロセス

肌にシミができてしまったときには、なんとかして消さなければいけないと思い、いろんな化粧品を試そうとする人はきっと多いことだと思います。

では、このシミが消えていくプロセスとはいったいどんなものなのでしょうか?これが分かれば自分に必要な化粧品選びのヒントになるかも知れません。

シミができてしまうのは肌の内部にある基底層という部分でメラノサイトがメラニン色素をだすためですが、このでてきてしまった色素こそがシミになるもとです。

ですが、このメラニン色素というのは、一度できてしまったとしても、肌のターンオーバーによって、下から上へと押し上げられ、そして最後は垢となって皮膚と一緒にシミはなくなります。

つまり、シミを消すポイントは活発なターンオーバーだったということなのです。

美白効果のあるといわれる成分だけでなくて、より肌を健康にするための成分が配合されている化粧品がもしかしたら、シミには効果的なのかも知れないですね。

1 2