小学校の宿題は親が丸付けをします。それを子どもがまだ赤ちゃんの時に他のママさんから聞いた時は、驚きました。

 

でも今子どもが二年生になって丸付け二年目を迎えて思ったのは、親が宿題の丸付けをするのは理にかなった良い事だなという感想です。

 

小さいうちの勉強は(例えば時計など一年生から習います。)学校で習ったものを家の日常生活の中でお母さんが何気なく「今何時何分だね。後何分でテレビ始まる?」などと繰り返し話題にする事で自然と覚えて行ける物が多いんだなと思いました。

 

また苦手な部分を親が理解出来たら、色々手の打ちようがあるなとも思います。

 

一年生ではあんなにゆっくりゆっくり進んでいた授業も二年生になると三倍くらいの早さで進んでいきます。

 

 

親ももう一度子どもと一年生から勉強し直せるのも(感じや平仮名の書き順などけっこう適当に覚えていました。)楽しいものです。