最近、ANZEN漫才のみやぞんがけっこう好きです。はじめは「この人、しゃべり方もなんか変だし、アタマ大丈夫かなー……」なんて失礼なことを思ったりもしていましたが、ちょっとたどたどしいところとか、天然ボケなところとかが、ぜんぜん人を傷つけないし、かえっていいなー、と最近思っています。

とくに「イッテQ!」では、外国に行ったっきりになって難しい曲芸を習得して披露したりしてますが、身体能力が本当に高いですよね。そして、泣きそうになりながらも諦めないですよね。みやぞんの場合、がむしゃらじゃないけどネガティブでもない、というひょうひょうとした自然体の頑張りが、つい応援してしまいたくなります。

また、もともとは韓国籍だったということを最近知りましたが、それがどうした?って感じです。子どものときからずっと国籍関係なしに育ってきたわけだから、いまさら関係ないですよね。